昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

台所の「ふきん」をあなどるなかれ 1960年

f:id:Merimaa88:20170603011620j:plain

今さらながら、驚いたこと

昭和の頃、我が家でもこの「日東紡のふきん」を使っていました。
ふきんの特徴的なヘリの色に見覚えがあるし。

でも、時代を経て、なぜか使わなくなった。
忘れてしまっただけかもしれない。

でも「なぜだろう?」と考えたら、新しい商品の方が「拭くもの」として進化している(抗菌)とか、安価に使い捨てすればいいとか、イージーな思い込みだった。(そして、安価なそれらは、決して使いやすくなかった、、)

それで、久しぶりに懐かしい昭和のふきんを使ってみたところ、

「・・・・・!?」

あまりの使い勝手のよさ、使い心地のよさに、驚いたと同時に、少なからずショックでもあったので、このふきんの研究のことが載っていた、昭和35年『暮しの手帖』54号の記事をひっぱり出して、よくよく読んでみました。

何ていうか、やはり価値観というものが、ひっくり返った瞬間だったので・・・




お日様のちから

台所のふきんの研究は、暮しの手帖らしい、こんなスタートだったようです。

ある朝突然に・・・

私たちは、たいへん奇妙で、ぶしつけなことをいたしました。
東京都内のあちらこちらから、見たところ中流とおもわれる家を50軒えらんで、いきなりお訪ねしたのです。

時刻は10時から11時ごろ、朝の片づけがひとまずすんだころでした。そして、その朝お使いになったふきんを、2枚ずつ頂けないかと、あつかましいことをお願いしたのです。


f:id:Merimaa88:20170528153508j:plain


訪問を受けた家は、気持ちよくふきんを『暮しの手帖』に提供してくれて、スタッフはまだ濡れたままのふきんを研究所に持ち帰った。

こうして集まった100枚のふきんを、それぞれ3つに切って、100枚組を3組作った。

①その1組は、すぐに神奈川の衛生研究所へ。ここで大腸菌やバイキンを調べる。
②あとの1組は、そのまま室内に吊るして乾かした。
③最後の1組は、電気センタク機で粉せっけんで洗ってから、晴れた戸外で乾かした。


そして、結果はというと・・・ 

①その朝使って、濡れたままのふきんはバイキンだらけだった。
100枚中62枚に大腸菌、10平方センチ当り雑菌が5千以上いたものだけで46枚もあった。

②そのまま室内で十分に乾かしたものは、大腸菌のついているふきんは36枚。まだ3枚に1枚は大腸菌がいる。

③石けんで洗って日光で乾かしたふきん。100枚のふきんのうち大腸菌のいるのは1枚もなかった。


f:id:Merimaa88:20170528161404j:plain

いまさらながら、お日様のちからにバンザイ! 

暮しの手帖も、ふきんの上手な使い方の手がかりを、ここにつかむことができたのです。

よいふきんとは?

たった1枚の小さな布でありながら、ふきんは台所になくてはならないもの。

でも、食器や、食べ物に絶えずさわるものだから、バイキンがついていてはゼッタイに困る。
とにかく、こんなにバイキンがいたのでびっくりした『暮しの手帖』は、まったく新しい目で、ふきんを見直してみたのです。


f:id:Merimaa88:20170528163102j:plain

さて・・・
あらためて見直してみると、この小さな布きれが、よく毎日、毎日、こんなに働いて酷使に耐えているものだと気がつきます。

まず、「ふく」という仕事。茶わんや皿をふく、ナベやヤカンをふく、まな板や包丁をふく、テーブルをふく、魚や野菜をふく、料理する手もふく。
その他にも、かぶせる、包む、つかむ、敷く、こす・・・

それならば、こんなにも仕事をするふきんは、どんなものがよいのだろう?


f:id:Merimaa88:20170528171702j:plain


よいふきんは、どんなもの?

*水をよく吸うもの
*洗って丈夫なこと
*しなやかなもの
*ケバのつかないもの


そこで、『暮しの手帖』は当時のふきんをテストします。

その当時使っていたのは、ほとんどが純綿の、お中元で商店からもらうような薄い手ぬぐいや、さらしのふきんやタオルなど。 
それから、大橋鎮子さんがアメリカ視察旅行の際に、現地で買い集めたアメリカ製のふきんも比較してみた。

吸水性、耐久性のテストでは、実際に3200枚の西洋皿をふいてみる(16枚ふくたびに、4分間センタク機で洗う)という『暮しの手帖』らしい徹底ぶり。

新しいふきんの試作

テストの結果では、当時の日本のふきんは十分満足できるものでなく、かといってアメリカ製は手に入らない。 

「アメリカで作れるものが、日本で作れないことはないだろう、今まで良いふきんがなかったのは、ふきんのことを見落としていたから。」と考えた編集部は、日東紡の研究室に共同研究を申し入れます。

「アメリカに負けないふきんを作りませんか?」というわけです。


f:id:Merimaa88:20170528222832j:plain


日東紡は、まず混紡率と織り方の研究を始め、予備テスト用に6種の生地を織り、これを『暮しの手帖』がいろいろな角度からテストし、本テストにとりかかった。

日東紡が織った生地は42種類。そして、吸水性、丈夫さ、ちぢみ具合のテストで4種の生地が残った。さらに、10人のベテラン主婦に、半年間、使い具合を記録してもらうテストも行い、2種まで絞った。

ふきんとして、もう一つ大切なのが「大きさ」。
ふく、かぶせる、包む、つかむ、敷く、当時のふきんは小さすぎたので、現在の約42cm×71cmのたっぷりサイズに決定。

それが、昭和35年、日東紡と暮しの手帖社の共同研究として売り出され、今も売られている超ロングセラーのふきんです。


f:id:Merimaa88:20170528225208j:plain

キッチンに「ふきんかけ」はいらない

そして、ここが一番たいせつなところではないかと、私は思うのです。

記事を抜粋してみますね。

「ある朝突然に、50軒の台所から、いま使っているフキンを集めて、バイキンを調べたら、大腸菌など、びっくりするくらい沢山ついていた・・・というところから、この研究の報告がはじまりました。台所には、あの ”ふきんかけ” はいらない、というところで、この報告は終ります。」


なぜ、”ふきんかけ” は必要ないのでしょう? 

当時のアンケート調査でも、7割の家は、ふきんをせっけんで洗っています。
ですが、日光にあててふきんを乾かす家は1割もなかった。日の当たらない、台所の "ふきんかけ” で乾かしていたからです。 

でも、「外で、お日さまにあてて乾かしたら、バイキンはいなくなった」ことが、テストで分かったのです。 

顔や手をふくタオルなどは、石けんで洗って、外で日にあてて乾かすのに、こんなにも酷使されてるフキンは、なぜ外で乾かさないの?

私自身のふきんへの価値観も、そこからスタートして、変わっていったのです。

まとめ

上手なふきんの使い方は、

①十分に乾いていないものを使わないこと

②たっぷりとした大きさで地厚なものを使う

③まとめて石けんできれいにセンタクする

④かならず日光にあてて十分に乾かすこと

⑤4人家族で、10枚以上のふきんを用意すること

⑥使ったふきんをまとめておく場所を工夫すること


特に大切なのは、①、③、④でしょうか。

f:id:Merimaa88:20170528231815j:plain

f:id:Merimaa88:20170528232422j:plain


お日さまに干して、パリッとまっしろなふきんが、キッチンにあるのがこんなに気持ちよいものだと思わなかった。

私の実感です。


日東紡 ふきん 3P 300006

日東紡 ふきん 3P 300006

  • 出版社/メーカー: イシミズ
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

★真っ白なバージョンも出ています。

日東紡の新しいふきん「とと姉ちゃん」バージョン 5枚入

日東紡の新しいふきん「とと姉ちゃん」バージョン 5枚入

  • 出版社/メーカー: ニットーボー新潟株式会社
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

merimaa88.hatenablog.com

merimaa88.hatenablog.com