昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

続・台所の「ふきん」をあなどるなかれ 1960年

昭和35年、日東紡と暮しの手帖社の共同研究として、二年がかりで作り上げられた新しいふきん。
丈夫さ、吸水性、使いやすさ、あらゆる角度からテストを重ねたふきんです。

ですが・・・それでも生乾きで使い続けたら、やっぱりふきんは臭くなってしまいます。

前記事の『暮しの手帖』がまとめた6つの提案、さらに詳しく見てみましょう。

上手にふきんを使うポイントは?

『暮しの手帖』がまとめた上手なふきんの使い方は、


f:id:Merimaa88:20170531104704j:plain

①十分に乾いていないものを使わないこと

なま乾きのふきんには、とかくバイキンがいます。そういうふきんで食器をふいたりするのは、見たところきれいにしたつもりでも、じつは逆にバイキンをこすりつけていることになります。
十分乾いたふきんなら、その点心配がありません。

②たっぷりした大きさで地厚なものを使う

たっぷりした大きさがないと、十分にふきんの役目を果たせません。厚くて大きいと、ふくときの能率が上がるからです。 


f:id:Merimaa88:20170531105001j:plain

③まとめて石けんできれいにセンタクする

使ったたびに、流しでコチョコチョと水洗いするのは、気休めみたいなもの。といって、そのたびにせっけんで洗うのも、手間がたいへん。
一日使ったぶんをまとめて、あくる日の朝でもセンタクするようにします。

④かならず日光にあてて十分に乾かすこと

いくら乾いていても、室内で乾かしたのでは、バイキンは残っています。

必ず外で日光にあてて乾かすことです。 
もし雨が続いたりして日に干せないときは、めんどうでも1枚ずつアイロンをかけます。
バイキンはアイロンの熱で死滅するからです。


f:id:Merimaa88:20170531220516j:plain

⑤4人家族で、10枚以上のふきんを用意すること

ふきんが汚れたりビショビショになったら、必ずセンタクした新しいのを出して使うようにするには、ある程度の枚数が必要。雨などでセンタクできない日のことも考えると、10枚以上は用意しておきたいもの。

センタクしたふきんは、台所の流しに近い戸棚か引出しに、誰にでも分かるように場所をきめてしまっておくようにします。


f:id:Merimaa88:20170531222346j:plain

⑥使ったふきんをまとめておく場所を工夫すること

1日分のふきんをまとめてセンタクするとなると、使ったふきんをまとめておく場所を考えます。
ふつうのセンタク物入れと別に、何かカゴを用意しておきましょう。



ふきんの大腸菌 殺菌方法

基本は、「石けんでよく洗って、必ず外でお日さまに当てて乾かすこと」なんだと思います。

その他の殺菌方法として、

宮城県保健環境センターの「布巾の殺菌効果の検討(2011)」によれば、ふきんの大腸菌の殺菌には次の3点が有効でした。
(このテストでは、外で日光に当てて乾かす方法は含まれていません。)

*煮沸
*次亜塩素酸 ナトリウム溶液 
*電子レンジ(マイクロ波照射)

https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/10233.pdf


ぬるま湯で中性洗剤で洗っただけでは、ふきんに大腸菌は残ってしまう。
そこで、どうすれば完全に殺菌できるかテストしたところ、次の3つの方法で大腸菌などは完全に殺菌された。

①100°Cの熱湯で 5分間の煮沸を行う。

②1mg/L 以上の濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液へ 5分間浸ける。

③電子レンジで1分間以上の加熱 


以上のテスト結果から、

ふきんは、まず「洗剤でよく洗ってから、外で日光の紫外線に当てて乾かす」のが手間いらずです。(Lukieshの実験によれば、盛夏・晴天・正午の太陽光では、シャーレ中の大腸菌は64分間で99.99%が殺菌される。) 

梅雨や雪など、外に干せない時期があります。

そういったときは、

①なべに水を入れて100°C に沸騰させて、ふきんを5分間煮る。(重曹、石けんなど加えてもよい)

②あるいは、電子レンジで1分間以上の加熱で、大腸菌等が完全に殺菌されます。
(電子レンジの加熱 30秒間では、ふきんの温度が 60~70°C程度で、十分な殺菌効果が得られない。1分間以上の加熱で、80~90°C程度の温度状態になる。) 

③また、高温でふきんにアイロンをかけるのも効果的です。
暮しの手帖の時代、電子レンジはなかったですから、日光とアイロンが主な方法でした。


次亜塩素酸ナトリウムは、プールや水道の殺菌消毒、漂白剤など幅広く使用されています。しかし、酸と混合すると塩素を発生して危険だったり、高濃度での使用はふきんに塩素の残留も考えられるので、なるべく薬品を使うのは控えたいものです。

良質なふきんが得です

さて、あらためて見直してみると、台所のふきんは小さな布でありながら、毎日、毎日よく働いて酷使に耐えている存在なんです。


f:id:Merimaa88:20170603103329j:plain

それならば、こんなにも仕事をするふきんは、どんなものがよいのか?

『暮しの手帖』が考えたのは以下の点でした。 

*水をよく吸うもの
*洗って丈夫なこと
*しなやかなもの
*ケバのつかないもの
*サイズが大判なもの 

それを日東紡と共同研究して、拭きやすく、ケバが付かず、乾きやすいふきんをレーヨンと綿の混紡でつくったのが、今なおロングセラーになっている日東紡のふきんです。

f:id:Merimaa88:20170603012048j:plain

拭きたくなる、しなやかさ

そして、洗ったり、乾かしたりと手をかけるのだから、使うふきん自体が良質なものでないと意味がないです。

安価なポリ製のクロスなどは、ケバがすごく抜ける、ふいた机にケバが残るのが分かるぐらい。

よいふきんは、段違いに能率があがるし、使い勝手も確実に気持ちがよいもの。
そうなると、安いだけで選んでも、それは本当に安いといえるのかなと疑問に思えます。


f:id:Merimaa88:20170603221544j:plain
水で濡らしたときの、「さあ、拭こう」というしなやかさが特徴。

外で太陽と風を浴びて乾かしたTシャツを着る気持ちよさと同じ。

石けんでよく洗って、お日さまで乾かしたふきんを使う台所と、臭いのある、拭きとりにくいふきんを使う台所とでは、何かが一変してしまう、、、

使い古したふきんは、そうじなど、何でも使えます。これもまた、使い心地は優秀。

ふと思いついて、「非常用の持ち出し袋」の中にも、このふきんを入れておくことにしました。


f:id:Merimaa88:20170604004742j:plain

写真(上)のような、縁に色の入っていない真っ白いもの(「とと姉ちゃん」バージョン)もあります。キッチンをシックにまとめたい方に。


日東紡の新しいふきん「とと姉ちゃん」バージョン 5枚入

日東紡の新しいふきん「とと姉ちゃん」バージョン 5枚入

  • 出版社/メーカー: ニットーボー新潟株式会社
  • メディア: ホーム&キッチン
 

日東紡の新しいふきん12枚組 赤

日東紡の新しいふきん12枚組 赤

  • 出版社/メーカー: 日東紡績
  • メディア: ホーム&キッチン
  •  
 

 

merimaa88.hatenablog.com

merimaa88.hatenablog.com