「ぬいとりの花」刺しゅうの図案 1951年

まだ、雑誌のタイトルが『美しい暮しの手帖』だった頃、

昭和26年6月の第12号では、雑誌の唯一のカラーページが、4ページの刺しゅうでした。

ひかえめに、「ぬいとりの花 武井孝子」と見出しがあるほかには、何も文章はなくて、刺しゅうの写真だけです。 


f:id:Merimaa88:20170513131701j:plain


f:id:Merimaa88:20170513132017j:plain


f:id:Merimaa88:20170513132032j:plain


クリームイエローの布地の刺しゅう、私はただ眺めているのが好きです。

時々ページ開いては眺めます。

色彩と伸びやかなラインを追っていくうちに、音楽を聴いているように体がほぐれてくるから不思議。

終戦から6年。雑誌に掲載されたエッセイを読むと、まだ日々の暮しに困窮しているようすがほとんどです。

だけど、なんと軽妙で、明るい色彩、伸びやかさ。

洗いざらした木綿のような清潔感。


f:id:Merimaa88:20170513150301j:plain


f:id:Merimaa88:20170513152541j:plain


初期の雑誌は、このページだけがカラーで、あとはモノクロ印刷といった質素さ。

武井孝子さんが、どういった経歴の方なのか分からないのですが、昭和26年の『週刊朝日 9/16号』の表紙も武井孝子さんの刺しゅう作品で、同じ方ではないかと思います。 


merimaa88.hatenablog.com