読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

フランス ELLE 誌 手芸作品展 「樹」 1976年 

手芸 1976年

樹 針と糸の作り出す世界

フランスの女性週刊誌「エル」が手芸作品を公募して、

年一回展覧会をひらいています。

今回の課題は《樹》でした。

そのなかの、何点かをお目にかけます。

このすばらしい作品をみていくと、ぬいとりやアプリケの

技術も大切でしょうけれど、それより人の真似をしない、

ほんとの〈創作〉を、色や形のみずみずしい感覚を、

フランスでは、どんなにみんなが大切にしているか、

よくわかるような気がします。

(暮しの手帖 1976年 43号より)


f:id:Merimaa88:20150718220723j:plain

このブログを始めたときに、まず紹介したかった作品です。
 
76才のジャンヌ・ジャクリーヌ・ベルスピさんの作品です。
 

f:id:Merimaa88:20150719204019j:plain

メルヴィ・スイットさんの作品 全部ぬいとり


いちばん外側の蜂と、その内側の白い花までは、大体きちんとならんでいますが、そこから下は、突如として自由奔放、右と左では葉っぱも花も枝もちがうし、一方で小鳥がさえずっているかとおもえば、一方には蜂の巣がころがっています。

そして、全体に虹のような感じを出しているのです。

見ていてあきない美しさ、木というもののいのちを、これほど楽しくとりだした作品は、そうめったにはないでしょう。
 
(文 増井和子 写真 初沢克利 パリ・ホルニィ図書館)