読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

広告について語るときに花森安治の語ること 1955年

創刊から8年 「暮しの手帖に、商品の写真や記事をのせるには、いくらぐらい出せばいいか?」30号まで雑誌を作ったときに、花森安治は初めてそう聞かれたといいます。創刊から8年たって、それだけ記事が読まれ、参考にされ、商品の売れ行きを左右する雑誌…

商品テスト(日用品のテスト報告)その3 鉛筆 1955年

鉛筆のある暮し かんがえてみると、おかしな話だ。 ものを書きつけるということは、人間が人間らしい生活をはじめてから長い間の習慣なのに。 「おい、ちょっと鉛筆を貸してくれ」 「鉛筆?どこへいったかしら?太郎ちゃん、太郎ちゃん!お父様が鉛筆だって…

『暮しの手帖』 初期の商品テスト アイロン・電気ガマ・トースター

初期の商品テスト一覧 『暮しの手帖』の柱となった商品テスト。 初めの頃は「日用品のテスト報告 暮しの手帖研究室」というタイトルでした。第1回めのソックスが掲載されたのは、昭和29年の26号。 それから「日用品のテスト報告」というタイトルは、ガ…

暮しの手帖研究室の協力者 読者から募集 1954年

「とと姉ちゃん」の第127話では、主婦テスターにアイロンがけを依頼してアイロンの商品テストが始まりましたが、実際に昭和29年の第27号で、編集部は「暮しの手帖研究室」に協力してくれる読者を募集しています。商品テストの第1回目となる「ソックス」…

商品テストは消費者のためではない 『暮しの手帖』100号

花森安治「商品テスト入門」 『暮しの手帖』が日本ではじめて商品テストを公表してから17年目、第100号の出た昭和44年(1969年)までには、ソックス、マッチ、鉛筆、電球など身近な生活用品から始まって、アイロン、トースター、洗濯機、ストーブ…

商品テスト(日用品のテスト報告)その1 ソックス 1954年

第20号(昭和28年)の「日本品と外国品をくらべる〈石けん〉 暮しの手帖研究室」は、商品テストの前身になるのでしょう。テストで取り上げた石けんは、すべて商品名は実名で出しています。石けんの洗浄力や、石けんが皮膚をあらす「遊離アルカリ」の度合…

石けん 日本品と外国品をくらべる 『暮しの手帖』 1953年

商品テスト前の記事 昭和28年、第20号の「日本品と外国品をくらべる 石けん 暮しの手帖研究室」。暮しの手帖のもくじに、「暮しの手帖研究室」として初めて登場した記事と思うのですが、この〈石けん〉はまだ「商品テスト」の前の段階。 『暮しの手帖』…

商品テストは「暮しの手帖研究室」から

暮しの手帖のもくじに、「暮しの手帖研究室」が登場してきたのは、いつ頃だろう。昭和28年、第20号の「日本品と外国品をくらべる 石けん 暮しの手帖研究室」が初登場のようだ。20号から雑誌の見た目が変わった印象があって、もくじに花森安治のイラス…

『暮しの手帖』に広告を載せないわけ 花森安治

〈商品テスト〉はヒモつきであってはならない 『暮しの手帖』に広告を載せない、広告費をもらわない理由について。花森安治は100号の「商品テスト入門」のなかで、このようなことを書いている。ときどき、暮しの手帖に広告をのせないわけを聞かれる。理由は…