読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

フライパンの存在感 『暮しの手帖』第2号 1949年

1949年 キッチン

焼あとのレンガで作った煖炉

『とと姉ちゃん』第90話では、終戦後の焼け跡に、間に合わせに建てられたバラックで何とか暮らす人たちを、立ち退かせる事業に背を向けて、常子の雑誌作りに応じる花山伊左次の姿がありました。

花山のモデルになっているのが花森安治ですが、この場面で花山が拾い上げて手にしたのが、フライパン。
バラック街に捨てられていた、形のひしゃげたフライパンです。


このシーンで思い出したのが、『暮しの手帖』第2号(昭和24年元旦)に掲載されていた「焼跡の煉瓦(レンガ)で作った炉端」。

トップページに掲載された写真で、花森安治にとっても印象深い写真だったのでしょうか、創刊100号「なんにもなかったあの頃」にも再登場しています。


f:id:Merimaa88:20160728094307j:plain
 

西洋風の炉ばた。
上の棚にはランプ、五徳の上にはコーヒー湧かしのポット、たてかけたフライパン・・・

しかし、これは鉄道ガード下の倉庫の二階の風景です。

「焼けトタンと瓦を底に敷いて、壁ぎわに炉を切った。壁には焼跡でひろってきたレンガを積んで、ちょっと西洋風の感じを出してみた。
冬の夜、ここで読書していると、頭上の省線(鉄道)も楽しい伴奏に思われてくる」(『暮しの手帖』第2号)
これを作った人の話です。

 
f:id:Merimaa88:20160728100406j:plain

焼跡のレンガを積みかさねて、石膏で目地を塗りかためて、マントルピース風の炉端を作ってしまう、、

「昨今、しきりに我ら日本人とはなにか、その意味を問うことが流行している。
あのきびしかった二十三年の年の暮れ、ガード下倉庫の二階の一隅に、それも焼け跡でひろってきた材料ばかりで、このような〈室内装飾〉を演出する日本人とは、一体なんだろうか」 
と、花森安治は100号に書いています。


こちらは、昭和24年暮れの第6号の表紙ですが、上の写真への感慨から花森安治は描いたのかもしれません。


f:id:Merimaa88:20160728212822j:plain




フライパンの存在感

一度手に入れれば、手入れさえしっかりすれば50年ぐらいはもつという鉄製のフライパンは、現在でも人気商品。

西部開拓時代のなべ(ダッチオーブン)、湯沸かしポッドなど、その存在感と〈かたち〉は普遍的なもの。


f:id:Merimaa88:20160729095818j:plain
ムーミン谷の冬

トーベ・ヤンソンのムーミンシリーズは、主に海辺での生活が描かれています。
日本でのムーミンはアニメのイメージが強いため、もっと後の作品のように思いますが、実は「たのしいムーミン一家」と「暮しの手帖」の創刊は同じ時、昭和23年です。

merimaa88.hatenablog.com


★硬派に花森安治伝を読みたい方に


花森安治伝: 日本の暮しをかえた男

花森安治伝: 日本の暮しをかえた男

  • 作者: 津野海太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/11/22
  • メディア: 単行本