大掃除は「優秀な布」があるかどうかにかかってる 

雑巾について

大掃除で使う、一枚の布切れ・・・

それは「雑巾(ぞうきん)」であったり、クロス、ウエスと呼ばれたり。 

①「雑巾」は、使い古しのタオルなどを手縫いで再利用したもの

②「クロス」は、洗車用などに多い合成繊維(マイクロファイバー)のもの

③「ウエス」は、油汚れなどの拭き取り用として使い捨てするもの

 
大掃除に必要なものとして、洗剤と水、それから雑巾としての布は最低限かかせない。 

洗剤については、重曹やクエン酸、粉せっけんなどを使う方法は、すでに当たり前のようになっている。(例:重曹もクエン酸も、水200cc に小さじ1杯を溶かして使う。ただし、アルミは重曹で黒ずむ。クエン酸は塩素系洗剤との併用は不可。) 

でも、雑巾についての情報って、意外と少ない。

よくよく考えてみたら、すごく大切な部分。

拭き掃除など、雑巾がどれぐらい良い働きをしてくれるかで、はかどり方が段違い。体や手を動かして拭く労力と感覚を、どれぐらい受け止めてくれるかは、実は雑巾次第。

なので、雑巾について、ちょっと考えてみた。(でも、とてもズボラな内容だけどネ。)




ケバの出ない気持ちよさ

一時期、ふきんや拭きそうじに合成繊維(マイクロファイバー)のクロスを使っていた。

吸水性がよい、汚れがおちる、安価、と思って選んでいた。

はじめて使ってみた時、合成繊維のクロスで拭いていると、手のひらも一緒にこすれていくようだった。

マイクロファイバー繊維は、断面が尖っているので、研磨されたような傷が皮膚にもついたり、家具やデリケートな食器などを拭くには向かない。

あくまで私見だけど、それほど吸水性なく水あとが残るし、決定的にしたのは、拭いたあとにテーブルに残った、たくさんのケバを見た瞬間だった。これはちょっと困った・・・食器を拭くこともあるし、毎日使うものだから。 
 
それで、昔に使っていた昭和のふきん、日東紡のふきんを思い出した。

とても使いやすいふきんだと再発見した。

特に吸水性の高さ、それからほとんどケバの出ない気持ち良さ。

ケバが出ないのは、思ったよりも大切だった。きゅっきゅと拭けて、ふきんが仕事をしてくれる、助けてくれると実感できる。 

それで、近所のスーパーで安売りしていたときに、思いきって1ダース、12枚買い込んで、ローテーションで使ってみた。

たいへん丈夫なので、数ヶ月たっても、たいしてへたっていないけど、汚れが目立ってきたのを半ダースほど、今度は雑巾用におろしてみた。


☆なぜ、ふきんが1ダース必要なのかは、こちらで

merimaa88.hatenablog.com

1ダースのふきんから

早い話、ふきんでつかっていたものを、雑巾におろしてみた。

雑巾も、やっぱり1枚とかじゃなく、半ダースぐらいの枚数があるところがミソ。 

これなら雑巾を作る手間もなく、日東紡のふきんはサイズが42×71cmと大判なので、折り畳めば、雑巾としてそれなりの厚みも出る。

そして、このふきんはオールマイティに、たいていのものは拭けてしまう。


例えば、窓ガラスを拭くとき。

半ダースぐらい枚数があれば、濡らしたもの、半乾きのもの、乾いたものと使い分けも出来る。半乾きはフローリングの床や、棚などにも使える。(半乾きは、ふきんを半分だけ水に濡らしてしぼって、乾いている方と水分をなじませればOK。)

そうじが終ったら、洗たく機にまとめて放り込んで洗って、お日さまで乾かして(すぐ乾く)、また使う、とても楽。


ひどい油よごれには、やはり着古したTシャツなどを切ってウェスにしたものを使い捨てにした方がいい。重曹・石けんペーストで十分におちる。(重曹・石けんペーストの作り方:合成でない粉せっけん、重曹、水を1:1:1の割合で混ぜ、これをキッチンなど、汚れのひどいところへ塗ってしばらくおいておく。)


でも、こんなズボラでなく、自分で雑巾を作る方もいます。

ちょうどテレビで放送していたのは、使い古しのタオル地のあいだに、薄い手ぬぐいをはさんで手縫いする方法。

使いみちがなくて引出しに眠っている薄い手ぬぐいが、芯になって拭きやすいのだそう。

たくさんの種類の色糸から、好きな色を選んで、ザクザクと縫っていた。細かく縫うより、ザクザクのほうが絞りやすいんだそうで、穴のあくまで大切に使い込んでいた。

レーヨンのしなやかな性質

レーヨンは、背広の裏地などに使われている、テレッとした(ちょっと冷んやりした)風合いの生地。

昭和のふきん、「日東紡のふきん」は、綿65%、レーヨン35%。 

レーヨンは化学繊維としてトップクラスの吸水性をもっていて、消臭効果もある。石油を原料とする合成繊維と異なり、レーヨンは木材パルプを原料としていて、綿や麻と同じセルロースが成分。

それで、水でぬらしたふきんには、しなるようなドレープ感が出て拭きやすい。

ただ、レーヨンは熱に弱いので、ふきんを乾かすためのアイロン掛け程度なら大丈夫だけど、熱湯での煮沸は生地が縮んでしまうと思う。
 
 
スーパーやドラッグストアなど、どこにでも売っているふきんなので、セールを狙って1ダース買うのがオススメ。


日東紡 ふきん 3P 300006

日東紡 ふきん 3P 300006

  • 出版社/メーカー: イシミズ
  • メディア: ホーム&キッチン