昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

「台所のふきん」こぼれ話  暮しの手帖

日東紡と暮しの手帖社が共同開発した、拭きやすく、ケバが付かず、早く乾くふきんは、今に至るロングセラー商品。

このふきんを開発するための、テスト記事が『暮しの手帖』に掲載されたのは、昭和35年の第54号。
この記事は、創刊以来、もっとも読者からの反響があったのだといいます。


f:id:Merimaa88:20170605180834j:plain

ふきんについての手紙

次号の55号あとがきには、次のように書かれています。

「これまで、54冊の暮しの手帖を作ってきて、こんどほど、たくさんのお手紙をいただいたのは、はじめてでした。
しかも、その大部分があの「ふきんの研究」についてのご感想だったのです。しかも、こんなことを私たちの口でいうのはなんですが、ほとんど全部が、まるで筆をそろえたように、あれはよかった、とおっしゃって下さったのです。
こんなことも、創刊以来はじめてのことでした。」


今までずっと、台所の「ふきん掛け」で乾かしていた「ふきん」は、調べてみたら実は大腸菌だらけだった・・・ということを、昭和35年、日本中がはじめて知った、センセーショナルなテスト結果だったのです。

「・・・あの ”ふきんの研究” の結果は、やっている私たちにとってさえ、一つの大きなショックでした。
たとえば、ふきんについているバイキンのことなど、恥かしながら、まさかあんなだとは思ってもいなかったのです。
それだけに、はじめてあれをごらんになった方は、きっと私たち以上にびっくりされたにちがいありません。」


merimaa88.hatenablog.com

パリも東京も知恵は同じ

ちょうど、ふきんの記事と同じ年に、石井好子さんの料理エッセイ『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』の連載が始まっています。

そこに、当時のフランスの主婦の洗たくの様子も書かれています。

「・・・食事に使うテーブルクロスやナフキンは、一週に一度大きなタライの中で煮るのだった。赤ちゃんのうぶ湯ぐらい使わせられるほど大きい洗たくタライによごれものを入れ、石けんの粉をふりかけて、上からお湯をひたひたになるまでそそいで火にかけ、ぐつぐつ中火で20分ぐらい煮る。」

「ときどき長い棒で上からつついたり、よごれものをひっくり返したりして、それがすむと水洗いするのだが、不思議なほど真っ白に、きれいによどれがおちていた。」


f:id:Merimaa88:20170605222517j:plain

フランスの主婦が木綿のものを洗たくするときは、十年一日のごとく、こうして洗っていたようで、古今東西、「熱湯で煮沸する」殺菌の知恵は同じ。

ただ、パリのマダムは「電気せんたく機なんてとんでもない。生地をいためるから絶対おことわりです」と言っていて、電気せんたく機に殺到した日本とは違う様子。

また、「アイロン」は『暮しの手帖』が電気製品として初めて商品テストをしたアイテム。木綿を着ることの多かった生活の必需品で、アイロンの熱で殺菌するという点でも、昔からの知恵だったのでしょう。


merimaa88.hatenablog.com

「ふきん」はアメリカ旅行の収穫

昭和33年4月、大橋鎭子さんはアメリカ国務省から「マスコミで活躍している人に今のアメリカを見てほしい」と招待を受け渡米します。 
花森さんとアメリカ行きの打ち合わせをしてるとき、たまたま編集室にかかっていた、昔ながらの木綿のふきん。

「そうだ、ふきんを新しい目で見直してみよう、その手始めにアメリカの家庭のふきんを見てこよう」


f:id:Merimaa88:20170606130701j:plain
台所の空気のように、昔からあったふきん

そこで、ボストン、ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコなどのデパートで、ふきんを買い集め、後日に生地の分析やテストに使用。
日東紡との共同研究で、新しいふきんの誕生につながったのです。


f:id:Merimaa88:20170606110834p:plain
昭和33年、アメリカへの視察旅行に羽田から出発

滞在は4ヶ月に及び、グッドハウスキーピング社の商品テスト室や、ヴォーグのファッション撮影を見学したり、日本の暮しのよさを再発見したりと、『暮しの手帖』に多大な影響をもたらしていきます。 


merimaa88.hatenablog.com



ふきんとタワシでスポンジいらず

ふきんに負けず劣らず、食器を洗う「スポンジ」の大腸菌も話題になります。

スポンジもふきんと同じように複数個を用意して、外で日光に当てて乾かし、ローテーションで使えばよいのです。 

あるいは、スポンジを使わない方法もあります。

試してみると分かるのは、スポンジと洗剤はお友だち関係というか、洗剤で泡立てないとスポンジってあまり役に立ちません。洗剤の消費も多くなるし。

引き出しの中で出番のない、商店などで配っているふきん、これで食器を洗うと、少ない洗剤でよほどきれいに洗えたりします。

食器を洗うふきんも数枚用意して、台所ふきんと同じように、一日使ったら石けんで洗って日光で乾かせばよいのです。 

それと、棕櫚(しゅろ)でできている「たわし」を加えれば、野菜洗いから、鍋の焦げつきまでカバーできます。 



一般的な「たわし」は、パームヤシの繊維を束ねたもの。 

昔ながらの棕櫚(しゅろ)でできている手作り束子(たわし)を試してみてください。
コシが強いのに柔らかく、毛先がやさしいので、野菜を洗う、なべを洗う、コップを洗う・・・ふきんと同様に、良質なものは使い勝手が格段に違うので驚きます。

人気のふきん3種

毎日使うのはもちろん、引っ越しや、一人暮らしのスタートへのお祝い、ちょっとしたお返しにも人気のふきんです。 

☆中川政七商店の「花ふきん」 

奈良県の特産品である蚊帳(かや)生地を、美しく機能的に活かしたふきん。
生地を2枚重ねで縫い合わせ、一般的なふきんより薄手。
洗いをかさねていくことで柔らかい手触りになるのが特徴。

たたんで使うと吸水性に優れ、広げて干すと速乾性に優れます。

サイズ:58cm × 58cm の大判サイズ。
素材:綿100%
価格:756円

f:id:Merimaa88:20170606233509j:plain

さくら、菜の花、すみれ、若葉、あじさい、白百合、麻、ツバキ、ヤマブキ、アヤメなど、色数が豊富。
値段1枚あたりが、日東紡の倍しますが、正方形で大判なのでお弁当包みなど、ふきん以外の用途にも幅広く使えそう。


遊 中川 花ふきん さくら

遊 中川 花ふきん さくら

  • 出版社/メーカー: 中川政七商店
  • メディア: ホーム&キッチン
  •  
 

 

☆白雪ふきん

やはり奈良で蚊帳(かや)製造業を営む中で、祖母が蚊帳のハギレでふきんを作り、使っていたのが始まりとか。
「素材、縫製にこだわり、従来のふきんにはない吸水性と素早い汚れ落ち、さらりとした使用感のふきんが誕生しました。長期にわたり雪のような白さを保つという特性から "白雪ふきん” と名付けました。」(HPより)
 
生地を8枚重ねで縫っているので、厚手で丈夫。
使い込むほどに柔らかさが増します。

サイズ:30cm × 35cm
素材:綿50%、レーヨン50%
価格:2枚で550円


白雪ふきん2枚入り

白雪ふきん2枚入り

  • 出版社/メーカー: 白雪ふきん
  • メディア: ホーム&キッチン
  •  
  •  
 

 

表面は友禅染め、裏面は白い蚊帳生地を使用した柄物のバリエーションが豊富なのも特徴。(こちらは1枚410円)

 

☆日東紡の新しいふきん

暮しの手帖社と日東紡の共同研究で誕生したふきんは、発売から50年を超えるロングセラー商品。

吸水性がよく、丈夫でしなやか、ケバの付かないふきんを作るために、暮しの手帖らしいテストを重ねて開発。独特のパナマ織りを採用。

サイズ:42cm × 71cm の大判サイズ
素材:綿65%、レーヨン35%
価格:1枚300円~400円ほど。


Tシャツのような感覚で、気兼ねなくバンバン使えるふきんです。 
フチの色は、赤・緑・黄の3種類と、真っ白のバージョンがあります。


日東紡 ふきん 3P 300006

日東紡 ふきん 3P 300006

  • 出版社/メーカー: イシミズ
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

どのふきんも、台所で乾かすのではなく、石けんでよく洗って、外で日光にあてて乾かしたものを、ローテーションして使うのが基本です。 
外で乾かせないときは、アイロンをかける、煮沸、電子レンジを使う手もあります。


★台所のふきんの使い方はこちら