読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

『暮しの手帖』の表紙 第11号〜第14号

『暮しの手帖』表紙

第11号

f:id:Merimaa88:20160515003556j:plain
1世紀11号 1951年1月 (原画)

ポスターカラーで描かれた表紙。

f:id:Merimaa88:20160515150409j:plain

原画と雑誌表紙の色合いが、だいぶ違うのは、当時の印刷技術やインクの加減なのか、あえて変えたのかは分かりませんが、ブルー系がグリーンに出ています。ところが、かえって洒落た感じに思えるのが不思議。

欧風の家は花森安治が大好きなモチーフで、たびたび登場する。

第12号

f:id:Merimaa88:20160515152002j:plain
1世紀12号 1951年6月 (原画) 
キャンバスボードにガッシュ


f:id:Merimaa88:20160515153017j:plain

「この雑誌を作りはじめてから、かれこれ三年になりました。ふりかえってみると、どの日もどの日も、お金やら紙やらの心配で明け暮れしたようなもので、それがここへ来て、また物価が上る、紙の値段が二倍ちかくもなるというのですから・・・」
「やりたくないことでも、売るためには、しなければならない、そういった編集は、これまでも、この号でも、ただの一頁も一行も作らなかった。これからも、決して作ることはするまい。この大きな誇りが、きっと私たちを支えとおしてくれるに違いないと、信じております。」(12号 あとがき)




f:id:Merimaa88:20160515182732j:plain
1世紀13号 1951年9月  板にガッシュ


f:id:Merimaa88:20160515185150j:plain
1世紀14号 1951年12月  紙・鉛筆・水彩



花森安治のデザイン

花森安治のデザイン

  • 作者: 暮しの手帖社,花森安治
  • 出版社/メーカー: 暮しの手帖社
  • 発売日: 2011/12/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 



merimaa88.hatenablog.com