読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

カステルの鉛筆 花森安治・エッセイより 1969年  

花森安治さんのエッセイ「シェーファーのインク瓶」
1969年「暮らしの手帖」第99号に掲載されています。

このエッセイには、「カステルの鉛筆」のことも書かれています。

机のまわりの小道具類の中でも、花森さんが好きでたまらなかったのが、
カステルの鉛筆と、シェーファーのインク瓶。

文房具好きは、ぜったい目をとめてしまうエッセイでしょう。



 

買いだめしたカステルの4Bと2B


f:id:Merimaa88:20150801140026j:plain

花森さんのエッセイから「カステルの鉛筆」について 


短くなってくると、ホルダーをつけて使う。それでも短くなる。
やっとあきらめて、新しいのを削るが、二センチか三センチほどになった鉛筆をみると、いささかの感慨があって、それもまたたのしいのである。

戦争中、もうなくなるというので、カステルの4Bと2Bを、やっと何ダースか買いだめした。
戦争が激しくなると、カステルなど使うところもなかったが、それでも、ちいさな宝物を持っているとおもうと、気持ちがゆたかになった。

戦後になって、この仕事をはじめて、そのカステルを使いはじめたが、みるみるへってゆくのでふだんはトンボか三菱の十円の鉛筆で間に合わせて、カットや見出しを書くときだけ、このカステルを使うというふうに、ほんとうにチビチビと大事に使ったが、それも数年まえにはなくなってしまった。

それでもさすがに最後の一本はどうにも削るのに忍びなくなくて、いまもしまいこんである。


f:id:Merimaa88:20150801140238j:plain

 

もっとも、カステルの鉛筆が好きなのと、シェーファーのインク瓶が好きなのとでは、意味あいがちがう。

カステルのほうは、木の部分の削りごこちのよさと、それよりなにより、シンのよさ、粉が散らないで、書きいろのしっとりとした美しさに、まいってしまったというわけだが、シェーファーのほうは、中味よりも、瓶のほうである。

(花森安治「シェーファーのインク瓶」より)


merimaa88.hatenablog.com

とにかく鉛筆、という人は多いです。 
私も、どうしてもシャープペンが使えません。

プラチナの「プレスマン」は使ったことがあります。

1978年に発売されて、すぐに買ってみました。
当時の雑誌「ポパイ」に載っていたような記憶があります。
そっけない黒いボディが、かえって新鮮でした。
(発売当初の丸みを帯びたデザインのほうが、かっこ良かったなあ・・・)

記者向けの「速記用」ということで、0.9ミリで2B の芯。

ですが、やはり鉛筆に戻りました。
それから、削るのはぜったいに、ナイフです。

文字をかくと同時に、絵もかけるのが鉛筆のすごいところです。
 

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm芯2B 2105010

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm芯2B 2105010