読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

ホットケーキを狐色に焼くコツ 「暮しの手帖」1955年

1955年 ホットケーキ おやつ

エプロンメモ

ホットケーキを美味しそうに黄金色に焼くには、どうしたらいいだろう?

今も昔も、それは変わらないようで、「暮しの手帖」29号(昭和30年)に記事がのっています。 

「エプロンメモ」は、創立者のひとり堀川あき子さんのコラム。
2ページのなかに、10ほどのヒントになる小さな記事が集められていて、内容は献立の一品や、掃除のアイデア、台所の工夫、ファッションなど、暮しに関する幅広い内容。

昭和30年には、テフロン加工のフライパンはないから、フライパンと言えば、鉄のフライパン。
こちらも、間違えのない今に至る必需品です。




ホットケーキを狐色に焼くコツ

朝のトーストの代わりにはもちろんのこと、おやつに、お夜食に、バターをつけたり、ジャムで食べたり、蜂みつで、たのしくいただけて、ホットケーキは、みんなに喜ばれるものです。

ところが、これを焼くには、厚い鉄板でも使えばよいのですが、ふつうのフライパンでは、なかなかおいしそうなキツネ色に焼けません。それを、ちょっとしたことで、とっても、上手に、おいしそうに焼ける方法があります。

フライパンを中火にかけて温め、けむりが出るくらいになったら、油をひいてから、すっかり油をふきとります。雑巾をかるくしぼって、火のかたわらに拡げておきます。

いざタネを入れるとき、フライパンをこのぬれ雑巾の上にいったんおろし、それからタネをおとし、適当にのばしてから、火にかけて焼きますと、不思議なくらいキツネ色にふっくらと、喫茶店のホットケーキにまけないように出来上がります。

また、油はフライパンにしみこませる感じで、ひいたら、すっかり拭き取ってしまいます。よく油を沢山ひいたらコゲないだろうと、たっぷりひきますが、あれは大間違いで、余分の油は焼けて、ホットケーキを黒焼きにするもとになるのです。

一回焼いたらそのあとは、申し訳に油をひいて、それを拭き取る、という感じで焼いてください。このコツで焼くとホットケーキはあなたのお家の自慢の一つになることでしょう。(堀川あき子)


★銀座コロンバンのレシピはこちら
merimaa88.hatenablog.com


堀川あき子さんが書き続けたコラムを、松浦弥太郎さんが抜粋し、まとめたもの。 「早春の章」「春の章」など季節ごとにコラムが分けられている。 
「エプロンメモ」は、1954年の「暮しの手帖」25号から連載がスタート。 
現代にも役立つ、昔ながらの暮らしのアイデアです。 

エプロンメモ よりぬき集

エプロンメモ よりぬき集


ドイツturk社で1951年から変わらぬ製法で作られたクラシックフライパン。
手入れさえしっかりすれば100年は使える。

turk(ターク) クラシックフライパン 26cm

turk(ターク) クラシックフライパン 26cm