読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

商品テストは「暮しの手帖研究室」から

1953年 商品テスト

暮しの手帖のもくじに、「暮しの手帖研究室」が登場してきたのは、いつ頃だろう。

昭和28年、第20号の「日本品と外国品をくらべる 石けん 暮しの手帖研究室」が初登場のようだ。

20号から雑誌の見た目が変わった印象があって、もくじに花森安治のイラストが入り、活字がひとまわり小さくなり、4段組のページも登場。記事ごとにレイアウトの変化がついている。

これは、ページ数が足りなくて掲載できない原稿がふえてきたから。なるべくたくさん原稿を載せたい気持ちから、見出しを小さくしたり、カットを小さく描いたりしている。


f:id:Merimaa88:20160816095855j:plain
第20号 もくじのイラスト


あとがきには、編集室のようすが書かれている。

「どの号にも、写真のページに、いろんな家具やお料理等がのっています。
あれは、まずプランが決まると、道具なら、全部作ってみます。作ってみて、みんなが手分けして、実際に使ってみて、よさそうだとなったら、はじめて、それを写真に撮るということになるのです。

料理の場合も、必ず教えられた通り、みんなで作ってみて、ここが分からない、ここがむつかしいというところがあると、また先生たちにお願いして、やり直していただきます。

だから、せっかくいい考えだと思って作った家具などでも、使ってみて、どうもうまくないとか、いいけど素人にはみつかしいとか、思ったより費用がかかりすぎるとか、いろんな点で、駄目になることがこれで案外多いのでございます。

そんなわけで、私たちの狭い編集室は、年がら年中、カンナ屑(くず)だらけで、糸屑だらけで、えたいの知れぬご馳走のへんなにおいがして、というふうで、雑誌を作っているみたいじゃないね、とおいで下さった方に、よくからかわれている有様です。」(第20号 あとがき)


f:id:Merimaa88:20160818003736j:plain

暮しの手帖研究室

ちょうど、この頃なのだろうか?

昭和26.7年ごろには、銀座の編集室のあるビルの三階全フロアを借りて作業していたが、もっと広いスペースや、スタジオがあるといいという思いが強くなってきた。
花森安治の知人の紹介で港区東麻布のロシア大使館のそばに土地を入手して、みずからの設計図で二階建てを建てた。

最初はスタジオ兼実験室だけで、編集部は銀座に残っていたが、行き来が大変なこともあって、徐々に仕事の中心は東麻布に移っていった。

その後、少しずつ土地を買い足しては増築して、そこを鎮子さんたちは「研究室」と呼んでいて、昭和40年代には、工作室、実験室、センタク室、台所付きのメインスタジオ、写真室などが備わっていた。。

お客さんが来ても、台所のテーブルや、家庭用の応接セットで応対していて、暮しの手帖は、一般的な編集室ではなくて、研究室から生み出されていた。


f:id:Merimaa88:20160818092018j:plain
キッチン付きスタジオと編集室 昭和40年代




商品テストは翌年から

第20号の目次には、これなら私にも作れる家具、魚を上手に焼くコツ、巴里のお惣菜(サト・ナガセ)、「日本品と外国品をくらべる 石けん」など、一気に作って、使って、試すページが増えている。

「石けん」は、化粧石けん、洗濯石けん、合成洗剤に分けて、汚れ落ち、溶け具合、荒れがないか、香り、包装について比較していく。

香りは外国製にかなわないが、それ以外はあまり差がないという結果だった。

包装デザインについての、花森安治の熱のこもった批評、写真がモノクロでもこの部分がいちばん面白い。

しかし、暮しの手帖の名物となった「商品テスト(日用品のテスト報告)」が始まったのは、翌年の昭和29年。もう少しの準備期間が必要だったのかもしれない。


昭和28年、終戦から8年。
昭和25年からの朝鮮戦争による特需により、国民1人あたりの消費高が戦前の水準を突破した。昭和30年から始まる神武景気では、 『もはや戦後ではない」という言葉が使われた。 

「なんにもなかったあの頃」の銀座で創刊された『暮しの手帖』。
研究室は、時代が移り変わるターニングポイントでもあったかもしれない。 


merimaa88.hatenablog.com

merimaa88.hatenablog.com