読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

「暮しの手帖」のホットケーキ 1950年 その1

誰にでも必ず出来るホットケーキ

暮しの手帖のグラビアページに、はじめて掲載された食べ物の記事。

それが、第7号(昭和25年)「誰にでも必ず出来る ホットケーキ」です。

「焼きたてのホットケーキにバターをのせ、朝ごはんや昼食の代わりに食べる楽しさ。誰にでもできて、みんなの気持ちを明るくするホットケーキの作り方を、銀座一流店のコロンバンに教えていただきました。」 


f:id:Merimaa88:20160301004150j:plain

銀座コロンバンのレシピで

大橋鎮子さんの著書、「暮しの手帖とわたし」にも、このホットケーキのことが載っていますから、印象深い記事のひとつなのでしょう。 

「明るくみんなに喜ばれる料理記事。とっさに頭に浮かんだのは、興銀に入ったとき、課長の工藤さんが新人歓迎で出してくださった、コロンバンのホットケーキだったのです。」

「写真は、ていねいに、材料から、粉のふるい方、卵の白身と黄身のとりわけ、泡立て方、火加減のコツなど、十枚の写真で説明しました。当時、婦人雑誌でこんな料理記事はほとんどありませんでした。」と大橋さんは書いています。




見開きでわずか2ページの記事ですが、銀座の一流店コロンバンのレシピでのっているのがすごいところ。

コロンバンといえば、大正10年に創業者の門倉國輝氏が渡仏し、パリの一流菓子店コロンバンに日本人として初めて入社。

その技術力を認められて、日本初の本格的なフランス菓子店コロンバン商店を創業。ショートケーキ、モンブランを考案し、宮内庁へも納品。

f:id:Merimaa88:20160226221320j:plain
門倉國輝氏

昭和6年、銀座6丁目に銀座コロンバンを開店。2階は藤田嗣治の天井壁画6枚を飾った本格的なフランス料理店。

思い立ったら、とにかくやってみようの大橋さんのアイデアならでは、の記事です。

モノクロ写真の質感

もうひとつ、昔の「暮しの手帖」を見るたびに驚くのが、モノクロ写真の質感の素晴らしさと、それを再現している印刷。

写真は元報道写真家で「暮しの手帖」創刊時からのカメラマン、松本政利さん。

『木村伊兵衛をして「白い皿の上にのせた白い豆腐をモノクロで見事に撮る」と驚嘆させたという話を聞いたこともあります。』と大橋さんは書いています。


f:id:Merimaa88:20160301172555j:plain


印刷のグレーの色調が明るく、グレーの階調の豊かさや質感が伝わってきます。

木炭デッサンを描いてみた方は、グレーの階調の豊かさ、明るさがわかると思うのですが、写真には丁寧に描かれたデッサンのようなおもむきもあります。

上質な紙に印刷されている訳でもなく、当時の印刷技術で刷ったページです。

粉は粉、ホーローのボウルはボウルとして、質感の表現は、今の雑誌からは伝わってこないものの一つです。


f:id:Merimaa88:20160229223420j:plain
手のモデルは大橋さん

心が落ち着く単色ページ

終戦から5年、まだ一冊の雑誌が、何人もの人に読まれて表紙がぼろぼろになってしまうと、あとがきに書かれています。

編集部では、表紙もお金のゆるす限り丈夫なものを、製本も雑誌にしては丁寧にしてもらっていますが、この7号から表紙にかぶせるカバーをつけています。 

しかし、当時の雑誌を手に取ったときに、粗末な印象は受けないし、今の雑誌にくらべたら、よほど手に触れた紙の感触はしっかりと厚く、印刷は目に優しい。

グラビアは、グレーの階調のきれいな写真に、ローズピンク色の文字がページを明るくしています。

色がハンランしていないページの清潔感は、むしろ新鮮で、何とも心が落ち着くものです。


★レシピはこちら
merimaa88.hatenablog.com