読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

ブラジアのパッドの作り方 『暮しの手帖』創刊号 その2

創刊号の写真ページ「ブラジアのパッドの作り方」に関連して、川村冬子「ブラジア」という記事もあります。

同じく写真ページ「可愛い小もの入れ」の関連記事、草加やす子「小もの入れ」がありますが、草加やす子は花森安治のペンネームといいます。

川村冬子さんが、どのような経歴の方なのかは不明ですが、もしかしたらこちらもペンネーム?でしょうか。


f:id:Merimaa88:20160721160837j:plain

アメリカの流行雑誌から

「外国の雑誌を見ておりますと、ずいぶんと下着の広告が目につきます。それも大部分はブラジアとコルセットの広告で、いろいろの型や種類の多いのには、うらやましくなってしまいます。・・・つまり、服を着るとき、体の下ごしらえと申しますか、体の線を整えることが、もう常識になっているからでしょう。」

という書き出しで始まる「ブラジア」記事ですが、当時の外国の雑誌というと「ヴォーグ」「チャーム」「ハーパーズ・バザー」などのアメリカの流行雑誌。

『暮しの手帖』の創刊号には、花森安治の「服飾の読本」というファッションについての特集ページもあります。
19タイトルに簡単なイラストを付けて、短い文章でまとめたもの。

そのひとつ「外国雑誌をウノミにするのは危険」では、CIE図書館に行くと多くの若い洋裁学校の生徒などがアメリカの流行雑誌を広げて、薄い紙にスタイルを写している当時の姿が書かれています。


f:id:Merimaa88:20160721183731j:plain
 VOGUE 1949年8月15日号

上に着る服よりも下ごしらえを

「ブラジア」の記事では、この頃の街を歩いている人たちは、ずいぶんあかぬけして来て流行も取り入れているが、体のファンデーションを作る、ということはまだまだという気がします、と続いていきます。

「こういうご時世ですから、そこまで手が届かないということもございましょうが、上に着る服はともかく、体の下ごしらえだけはきちんとして頂きたいと思います。それが出来ていないと、どんなにいい服をお召しになっても、一向にパッとしないことになりがちなものですから。」(川村冬子「ブラジア」)


f:id:Merimaa88:20160721123509j:plain
Photo Frances McLaughlin-Gill, Vogue, July 1948

見えないお洒落のできる時代に

「服飾の読本」では、見えないところにお金をかけたり、神経を使ったりする大切さとして、皆がスリップにお洒落をするような時代が来てほしいと思う、という記事もあります。

「下着は、外から見えないとつい思いがちだが、なかなかどうして、ちゃんとした下着をつけているのと、そうでないのとでは見ただけで、すぐ分かってしまうものである。」(何よりも下着を大切にする)




パッドは服より下着に入れる

創刊号が出た1948年には、戦後初のファッションショーが行われ、洋装への憧れが高まっていましたが、当時のブラジャーにはパッドが入っていなかったようです。

「とと年ちゃん」の常子の母(君子)が「乳バンド」と呼んでいたのは、着物文化では胸を均等にならすようなバンド・帯的なもの。

戦後の急速に欧米化したファッションでは、パッドが必要のなり、
「・・・ぜひブラジアにパッドをお入れになって頂きたいものでございます。
パッドは、いまは自分で作るより仕方ありませんが、綿は形もわるく、ぼたぼたするので、針金を使ってみました。なかなか感じがいいし、思ったより手軽に出来てしまいます。」(川村冬子「ブラジア」)

 
1949年にワコールの前身・和江(わこう)商事から、バストを形良く見せる『ブラパット』が発売されて人気商品になっています。
 
merimaa88.hatenablog.com


f:id:Merimaa88:20160721174031j:plain
平塚らいてう

その一方で、粋でしゃれた着物の着方や、生地の美しさなどを、私たちは日本の暮しの中ですっかり手放してしまった訳だけど、考えてみると、文化財産としてすごい損をしている、もったいないと、昭和の『暮しの手帖』を読んでいると思います。

若い頃から、平塚らいてう、富本一枝なども着物の着こなし(着くずし方?)へのこだわりなどあって、そういった感覚は、今になってみてむしろ是非知りたいと思うのです。


merimaa88.hatenablog.com