読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

ブラジアのパッドの作り方 『暮しの手帖』創刊号 

洋装の必需品に

『暮しの手帖』創刊号の、グラビア・ページでは、
〈可愛い小もの入れ〉〈直線裁ちのデザイン〉〈ブラジアのパッドの作り方〉〈自分で結える髪〉・・・と記事が続いていきます。

記事のあいだにはさまれて登場する「ブラジアのパッドの作り方」、最初は唐突という感じで関連性がわからなかったのですが、着物から洋服に変えるには、下着が必需品になったのです。


f:id:Merimaa88:20160720172624j:plain

「とと姉ちゃん」では、服より大事なこと

「とと姉ちゃん」第89話で、花山が『スタアの装い』2号目だけ手伝うことになり、「君たちは大きなことを見落としている、どんな服を雑誌にのせるかばかり考えているが、それよりも大事なことがある、それが何か見つけるように」と、三姉妹に言って帰っていく場面があります。 

後日、常子は「洋服を着たいと思っても下着がなければ着られません。洋服を着る際の大前提です。ですが、それを忘れて素敵な洋服の作り方を説明しても、手が出せない方がいらっしゃるのではないでしょうか・・・? つまり、まずは下着の作り方から、載せる必要があった・・・違いますか?」

花山は「ご名答!これまで着物で生活してきた人は、洋服用の下着を持っていない人も多い。かといって、外で買うにも高価で手が届かない。
どうやって下着を作り、繕うのか、それを伝えれば、洋服を着たい人が安心して着られるということだ」と話します。




ブラジアのパッドの作り方

f:id:Merimaa88:20160720182028j:plain

1. 直径2ミリ位の針金を約1メートル、ちょうどお椀を伏せたような形にペンチで静かにまげていきます。
そして、丈夫な糸でおしまいの所を2、3カ所写真のようにしっかり結んでおきます。


f:id:Merimaa88:20160720182754j:plain

2. 紅指(注:薬指)の頭くらいに綿をかたく丸めて、それを布でつつんでちょうどテルテル坊主の頭のように作ります。これが乳首になるのです。
この小さな綿坊主を、写真のように針金の山のところにはさみこんで、ペンチでしっかりとりつけます。

3. この針金の山にガーゼをすっぽりかぶせてみて、まだ廻りに1センチか2センチ位ゆるみのある大きさに裁ち切り、このガーゼのまわりを糸でぐるっと縫っておき、その糸は切らないでおきます。


f:id:Merimaa88:20160720204800j:plain

4. このガーゼで写真のように針金の山をつつみこんで底側を、さっきの糸をしぼって、落ちつかない針金の形をきめて、形をととのえ、しっかり糸を結びます。

5. およそ直径16センチぐらいの円形に白い布を裁ち、写真のように底にかぶせて、ふちにまつり付けます。

このとき、ピンと張りすぎるとブラジアをしたとき胸にしっくり合わず、お乳が飛び出した感じになります。
自分の乳の張り加減を考えて、布にそうとうゆるみをもたせて下さい。

6. 次に脱脂綿を厚さ1センチ位、この小山にふんわりかぶせて、写真のようにブラジアの乳の凹みにはめこみ、まわりをぐるっととぢつけて出来上がります。


f:id:Merimaa88:20160720225628j:plain

7. ブラジアは勿論、肌に直につけるものですから、たびたびセンタクしなければなりません。
そのときは必ずこのパッドを外して、別々にセンタクしてください。

材料

• ブラジア(いわゆる乳押えのようなものでなく、パッドが入る余裕が乳の部分で出来ている、つまり乳の高いもの)
• ガーゼ少々
• 白い木綿布少々
• 脱脂綿
• 針金(2ミリ位の太さ)

• ペンチ、木綿糸と針、ハサミ


merimaa88.hatenablog.com

merimaa88.hatenablog.com