「暮しの手帖」とわたし:表紙イラストが面白い 

AFTER-NOON at KURASHI no TECHO 『暮しの手帖とわたし』といえば、とと姉ちゃんのモデルになった大橋鎮子さんが、昭和の名編集者、花森安治さんとともに『暮しの手帖』を作り続けたあれこれを、90歳になって書いた自伝です。本の帯には「暮しの手帖社社長、モデル、編集者、いつだって体当たり 波瀾万丈のし…