広告について語るときに花森安治の語ること 1955年

創刊から8年 「暮しの手帖に、商品の写真や記事をのせるには、いくらぐらい出せばいいか?」30号まで雑誌を作ったときに、花森安治は初めてそう聞かれたといいます。創刊から8年たって、それだけ記事が読まれ、参考にされ、商品の売れ行きを左右する雑誌になっていたのです。村上春樹の著書に「走ることについて語ると…