昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

1960年

「台所のふきん」こぼれ話  暮しの手帖

日東紡と暮しの手帖社が共同開発した、拭きやすく、ケバが付かず、早く乾くふきんは、今に至るロングセラー商品。このふきんを開発するための、テスト記事が『暮しの手帖』に掲載されたのは、昭和35年の第54号。 この記事は、創刊以来、もっとも読者から…

続・台所の「ふきん」をあなどるなかれ 1960年

昭和35年、日東紡と暮しの手帖社の共同研究として、二年がかりで作り上げられた新しいふきん。 丈夫さ、吸水性、使いやすさ、あらゆる角度からテストを重ねたふきんです。ですが・・・それでも生乾きで使い続けたら、やっぱりふきんは臭くなってしまいます…

台所の「ふきん」をあなどるなかれ 1960年

昭和の頃、我が家でもこの「日東紡のふきん」を使っていました。 ふきんの特徴的なヘリの色に見覚えがあるし。でも、時代を経て、なぜか使わなくなった。忘れてしまっただけかもしれない。でも「なぜだろう?」と考えたら、新しい商品の方が「拭くもの」とし…

カスタード・プディングのレシピ 『暮しの手帖』1960年

白、黄色、そして黄金色 昭和25年の第7号、モノクロのグラビア・ページに、とと姉ちゃんに登場した「ホットケーキ」が掲載されています。レシピは、巴里コロンバン銀座店が担当しました。次の号では、やはり巴里コロンバン銀座店の「カスタードプディング…

ご飯蒸しで作るプディング いろいろ 1960年

プリンとプディングの違いは? プリンは、プディングの発音がプリンになった和製英語。 日本ではほとんどの場合、カスタード・プディングのことをいいます。では、プディング(pudding)って、どんなものでしょう?プディングには、じつにいろんな種類があっ…

『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』暮しの手帖 1960年

食べ物エッセイのはしりとして 『暮しの手帖』の編集長、花森安治さんに、 「たべものの随筆を書いてごらん。あなたは食いしん坊だから、きっとおいしそうな文章が書けるよ。」とすすめられて、1960年『暮しの手帖』に連載を始めて、そして一冊の本になった…