読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

中川一政「えのぐ」と酒倉 『暮しの手帖』 1957年

『暮しの手帖』第38号(1957年春)に、中川一政の「えのぐ」というエッセイが掲載されています。ずいぶん前のことですが、真鶴美術館での中川一政展のチラシに「酒倉」の絵が、これはメインにレイアウトされた作品ではなかったから、小さくのっていた…

暮しの手帖研究室の協力者 読者から募集 1954年

「とと姉ちゃん」の第127話では、主婦テスターにアイロンがけを依頼してアイロンの商品テストが始まりましたが、実際に昭和29年の第27号で、編集部は「暮しの手帖研究室」に協力してくれる読者を募集しています。商品テストの第1回目となる「ソックス」…

ジャムを作りましょう サト・ナガセ『暮しの手帖』1954年

ページをめくっていて、写真の美しさに思わず手がとまってしまったのが、こちら。 イチゴの季節です ジャムを作りましょう サト・ナガセ バロック期のイタリアやオランダの絵画を見るようでもあり、モノクロを超えた色彩感と質感が伝わってきます。竹を編ん…

商品テスト(日用品のテスト報告)その1 ソックス 1954年

第20号(昭和28年)の「日本品と外国品をくらべる〈石けん〉 暮しの手帖研究室」は、商品テストの前身になるのでしょう。テストで取り上げた石けんは、すべて商品名は実名で出しています。石けんの洗浄力や、石けんが皮膚をあらす「遊離アルカリ」の度合…

暮しの手帖とムーミンと 1954年の表紙 

家と花と樹木 花森安治さんがイラストと題字を手がけた「暮しの手帖」表紙には、人気のある表紙がいくつかありますが、1954年3月の第23号もそのひとつでしょう。 第23号は赤い屋根がアクセントになった家を中心に、前は黄色と赤の花畑、うしろは果…