昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

西洋料理(洋食)

料理店にまけないカレーライス:千葉千代吉 1952年

昭和27年の初夏、16号の「料理店にまけないカレーライス」です。大橋鎭子三姉妹もカレーが大好きで、大橋家のカレーはこのレシピをもとにしていたそう。小説家の志賀直哉がこの記事を見て自分で作り、「書いてある通り作ったら、おいしくできた。暮しの…

『暮しの手帖』はじめてのオムレツ 1949年

西洋料理の一番はフランス 「これから当分、西洋料理のことについて、知っていること、お役にたつことを思い出すままに書いてゆきたいと思っていますが、私は何といっても料理人なので、思うこと、考えていることを上手な表現で書きあらわすことが出来ません…

「西洋料理入門」がスタート 1949年

『暮しの手帖』に西洋料理は、たいへんに早い時期に登場します。昭和24年春の第3号から、千葉千代吉さんの「西洋料理入門」が連載としてスタートします。「とと姉ちゃん」のモデルとなった、花森安治、大橋鎮子さんらが『暮しの手帖』を創刊し、2号、3…

暮しの手帖 中川一政「えのぐ」1957年

『暮しの手帖』第38号(1957年)の表紙は、春らしい明るいイラスト。 中川一政のエッセイ「えのぐ」が掲載されています。 処女作となった「酒倉」が描かれたエピソードとして、貴重なエッセイです。 第38号 spring 1957 「えのぐ」中川一政 私は此間(…