読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

『暮しの手帖』童話と北欧デザイン 1952年

平塚らいてうの座談会とサプライズ 第4号の平塚らいてうの「ゴマじるこ」から3年、平塚らいてうが再登場するのは、第18号(昭和27年)の「我が若き日」という座談会になります。 岡田八千代、林きむ子、山川菊栄、平塚らいてうと、明治に生まれ育ち、…

『暮しの手帖』童話作品の一覧  

富本一枝と藤城清治 「ぼくの影絵が、はじめて本にのったのは、暮しの手帖の〈お母さんが読んで聞かせるお話〉としてだった。はじめ、一号二号は、ぼくが、その頃やっていた人形劇の人形の写真だったけれど、三号から、花森さんにすすめられて、影絵をのせる…