昭和の「暮しの手帖」から

創刊号〜70年代「暮しの手帖」バックナンバーから。珠玉の記事をピックアップ

キッチン

「台所のふきん」こぼれ話  暮しの手帖

日東紡と暮しの手帖社が共同開発した、拭きやすく、ケバが付かず、早く乾くふきんは、今に至るロングセラー商品。このふきんを開発するための、テスト記事が『暮しの手帖』に掲載されたのは、昭和35年の第54号。 この記事は、創刊以来、もっとも読者から…

続・台所の「ふきん」をあなどるなかれ 1960年

昭和35年、日東紡と暮しの手帖社の共同研究として、二年がかりで作り上げられた新しいふきん。 丈夫さ、吸水性、使いやすさ、あらゆる角度からテストを重ねたふきんです。ですが・・・それでも生乾きで使い続けたら、やっぱりふきんは臭くなってしまいます…

台所の「ふきん」をあなどるなかれ 1960年

昭和の頃、我が家でもこの「日東紡のふきん」を使っていました。 ふきんの特徴的なヘリの色に見覚えがあるし。でも、時代を経て、なぜか使わなくなった。忘れてしまっただけかもしれない。でも「なぜだろう?」と考えたら、新しい商品の方が「拭くもの」とし…

フライパンの存在感 『暮しの手帖』第2号 1949年

焼あとのレンガで作った煖炉 『とと姉ちゃん』第90話では、終戦後の焼け跡に、間に合わせに建てられたバラックで何とか暮らす人たちを、立ち退かせる事業に背を向けて、常子の雑誌作りに応じる花山伊左次の姿がありました。この場面で花山が拾い上げて手にし…